消費者金融 貸金業務取扱主任者

消費者金融の法令遵守の徹底の為に導入された貸金業務取扱主任者

消費者金融をはじめとする貸金業者に適用される貸金業法の改正により、参入基準が厳格化されています。例えば、純資産は5000万円以上であり、これに当てはまらない街金と呼ばれる零細の消費者金融は市場から姿を消しました。また、コンプライアンスの徹底を図るために貸金業務取扱主任者を営業所ごとに置くことも義務付けられています。この貸金業務取扱主任者は資格試験制度であり、主任登録を受けたものが業務にあたる仕組みになっています。貸金業務取扱主任者の導入は過去の過剰の貸し付けが増加し、多重債務やグレーゾーン金利が社会問題化したのを契機に、貸金業法の改正とともに制度化され、貸金業法の改正に伴って金利の引き下げと法定金利を超える貸し付けを行った者に対しての処罰も厳格化されています。利用者の側も総量規制やグレーゾーン金利の撤廃など利用環境が大きく変化した法律の改正となりましたが、消費者金融などの金融会社の市場と社会の関わり方を一変させたものになったのは確かです。