消費者金融 債権回収

消費者金融が行う債権回収の業務について知っておこう

消費者金融はお金を貸し付け、そしてそれを回収するときに利息を受け取ることで利益を得ています。一般的な金融機関が融資を行うのと同じように利益を得ているのですが、それ以外にも債権回収という業務も行っています。たとえば、銀行のカードローンでお金を借りたときには、保証会社の保証を受けなければならないことが多いです。そして、もしも銀行に返済ができなくなった場合、保証会社が代わりに銀行へと返済をします。その後は保証会社が借りた人から取り立てを行うという形になります。これが債権回収という業務です。銀行の多くは保証会社を利用していますが、その多くは消費者金融が行っています。ですから、銀行から借りたにもかかわらず、返済ができなくなってしまうと消費者金融に対して返済をしていかなければならなくなります。これが債権回収の仕組みですから、銀行から借りるのなら安心だと考えるのは間違っていて、返済が遅れれば消費者金融から借りているのと同じことになるのです。