消費者金融 遅延損害金

消費者金融を利用するときには遅延損害金に注意

消費者金融からお金を借りるときには遅延損害金に注意しなければなりません。遅延損害金とは、返済が遅れたときに支払わなければならないペナルティのようなものです。消費者金融から借入をした場合、返済については最初に契約でその方法や金額を定めます。それに基づいて消費者金融は資金を回すわけですが、遅れてしまうと資金をうまく回せなくなると考えられます。それに対する損害賠償のようなものだと考えれば分かりやすいでしょう。しかし、実際にはその損害額を正確に知ることは難しいですから、通常は返済が遅れたときに支払わなければならない金額を金利によって定めます。平たく言えば気に理が高くなると言うことです。通常の金利は利息制限法によって上限が定められていますが、遅延損害金が発生したときの金利はそれよりも高く定められています。ですから、返済が遅れると多くの利息を支払わなければならないと考えれば分かりやすいです。そうならないように注意して借りましょう。