消費者金融 ブラックリスト

ブラックリストに名前があると消費者金融の借入は難しくなります

消費者金融で個人が50万円ほどのお金を借りる場合は、基本的に無担保無保証です。これは、担保物件も保証人も不要ということで、本人確認と収入証明の書類さえあれば借入ができます。しかし、その代わりに本人の返済能力が審査でチェックされます。返済能力の裏付けとなるのは、まず収入です。それから、ブラックリストに載っていないかどうかも調べられます。このブラックリストというのは、信用情報に事故情報があるかどうかということです。事故情報というのは、ローンの返済が3回続けて遅れたり、あるいは債務整理を行った場合に、信用情報に登録されるものです。もしブラックリストに名前がある場合は、期日までの返済が難しいとみなされるので、審査に通るのが難しくなります。また消費者金融の場合は総量規制があります。年収の3分の1に当たる金額を借入限度額とするシステムで、消費者金融でのすべての借入に適用されますので、複数の消費者金融を利用していると、限度額を超えてしまうこともあります。このような場合は、総量規制対象外の業者か、総量規制のない銀行の利用がお勧めです。