ヤミ金 取り立て

ヤミ金は違法業者ですので利用しないようにしましょう

よく街角などで、何百万の融資をしますとか、あるいはブラックでもOKの融資という謳い文句を掲げたポスターを目にしたことはありませんか。このような業者は、多くの場合ヤミ金であることが多いので、もし何かでお金が必要になっても、決して利用してはいけません。ヤミ金は消費者金融を装って営業をすることがよくありますが、違法業者ですので、お金を貸す時には法定金利を遥かに超える金利をつけます。また返済できない時は、これも法律で禁じられている、債務者の家や職場に押しかけるといった方法でお金を取り立てます。また、昼夜を問わず督促の電話をかけたりもしますが、もちろんこれも違法です。もし、それとはわからずにヤミ金を利用してしまった場合には、弁護士または司法書士に相談して、介入通知を出してもらうのが一番です。これで一応督促は止まりますが、それでも取立てに来る業者もいます。そのような場合は、何度でも弁護士または司法書士に連絡を取ってください。ちなみにヤミ金は違法ですので、借り入れたお金の返済義務は生じません。

しつこい取り立てのヤミ金を無くすには借りない事です

ヤミ金の取り立てはしつこいです。ヤミ金はヤミで行う金融業者ですので、当然、無許可営業です。無許可で営業することがいけないと分かって貸金業を行っているため、法外な金利を付加し厳しい取り立てを行います。ヤミ金には法律は通用しないため、通常の金融業者の貸金業法の規制などが通用せず、職場への厳しい取り立てなどとにかくお金がとれるところから取るという、恐ろしいこととなるでしょう。ヤミ金が現在のような厳しい規制を設ける世の中で、まだ無くならない要因として、借りる人がいるからと言われています。金利の高さを聞けばだれも、ここで借りようと思う人はいませんが、おそらくヤミ金で借りなければいけない状況になっていたのでしょう。そもそも、借金をする原因がなにかと言えば、計画性の乏しさです。欲のままに収入を考えず、借りて使うことをしている結果がそうなるのです。ヤミで行う金融業者を根絶するためには、借りないようにすることが一番の根絶方法となります。ヤミ金の悪質な取り立てを最短1日で止めさせる簡単な方法もあるのですが、結構大変らしいので触らぬ神に祟りなしです!

ヤミ金を利用する事とヤクザなどの反社会勢力について

ヤミ金とは一般的に国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者や業務の事を指すものです、もう少し範囲を広げるならば法定金利以上の利息を請求してきたり人権を無視した取り立てなどを行う金融業者などの事も指します。法律に守られている正当な業務や業種ではないため正しい知識があれば撃退をする事も不可能ではありません、しかしあまりオススメは出来ません。というのもこういったヤミ金にはヤクザや半グレといった反社会勢力が関わっている事が非常に多いからです。法律による制裁は事件や事故が起こってから発動するためヤクザや半グレなどの反社会勢力が法律の制裁を覚悟で事件や事故を起こす場合法律は抑止力にはならずまたヤミ金もヤクザと繋がりのある発言を匂わせます。実際に反社会勢力とのつながりがあるかどうかは自分が被害に出会うまで確かめる事はできません。これを避ける方法はヤミ金には一切近寄らない事です、インターネットなどが使えるならば登録をされた貸金業者に依頼を行う事が肝心です。

ヤミ金のしつこい取立てや督促電話にお困りの方は弁護士に相談を

ヤミ金と呼ばれる違法貸金業者をご存知の方も多いでしょう。違法であるため、融資の際の金利にしても、法定金利の20パーセントよりはるかに高いですし、返済できない時の取立ても、法律で認められていない方法で行います。たとえば、家や職場に来て返済を迫り、全額返すまでそこに居座るなどということをしますし、朝から晩まで督促電話をかけまくります。本来は、督促電話は深夜や早朝にはかけてはいけないことになっていますが、そんなことにはお構いなしです。また、聞くに堪えないようなことをいわれたりもします。このような場合は、違法な取立ての証拠となる画像、督促電話のやりとりなど、証拠となるものをできるだけ残して、警察に届け出るようにしてください。もし警察でも手に負えない場合は、できればヤミ金専門の弁護士や司法書士に相談して介入通知を出してもらってください。ただ、介入通知を出しても督促をかけて来るヤミ金業者もいますので、その場合は再度、弁護士や司法書士と相談をするようにしましょう。

ヤミ金の恐喝には屈することなく弁護士に相談しましょう

出資法で定められた上限金利は、金融業者で20%金融業者以外で109%(1日あたり0.3%)の金利契約を禁止するという法律で、また、不特定多数の相手に対する、元本を保証した出資の受入れの禁止するというものです。ただ、出資法で決めるこれらの法律も消費者金融のような金融免許をもつ貸金業者等に対しては確かに有効であると言えるのでしょうが、ヤミ金言われる貸金業者の場合、現在のかたちとしては実態がなく、携帯電話で申し込むと即日入金がされるというようなもので、10日で1割や若しくはそれ以上ともなる金利を設定してお金を貸しています。貸すまでは良いのですが、問題となるのが回収でしょう。ヤミ金の特徴は、暴利と言われる金利水準で、取り立てが厳しく、会社や自宅に取り立てに及び、恐喝も行います。怖さから取り立て時に恐喝に屈して、無理をしても返済するという人が多いでしょう。ヤミ金の恐喝や脅しにあった場合、弁護士に相談し、解決を図ることがもっともよい方法となるでしょう。